年末は皆様いかがお過ごしでしょうか。

2017年も残りわずかになりました。
1日1枚写真を投稿すると言うのは正直すごく大変でしたが、サボりながらもなんとか続けられました。
飽き性で何事も続かない私ですが、写真は本当に好きなんだなと感じています。
このブログやSNS等を通じてもっともっと写真が好きな仲間を増やして行けたらいいなと思っています。

そんな今年1年間の活動を振り返りまして、今年印象に残った4枚を選びたいと思います。

1枚目「食べられた!!」

6月ごろに撮影しました。
動物は本当に何が起こるかわかりませんね。撮り始めて最初の方のカットだったと思いますが、これ以降雰囲気がほぐれてすごくいい撮影ができました。

絵的にも面白いので今年一番インパクトのある作品になったと思います。

2枚目「スランプ脱出か」

10月頃に撮影。
正直に言うと、この撮影まで数ヶ月間はスランプのように感じていました。
なかなか自分の納得できる写真が撮れず、撮影のペースも落ちて、今年はもう風景写真の練習期間にしようかと思っていたほどです。

これを現像して、改めてポートレート撮影の楽しさを実感できた1枚です。
今年一番救われた作品だと思います。

3枚目「これが撮りたかった!」

11月に日光霧降の滝にて撮影。
毎年、都内での紅葉撮影はいまいちモチベーションを持てないでいました。
SNSに上がってくる、鮮やかに色づいた山々を見たときに「自分はこれが撮りたいんだ!」と思い、車に飛び乗りました。

これを風景撮影の第一歩として、もっともっと日本の自然の魅力を撮り納めてみたいです。

4枚目「思いがけず」

12月に多摩川にて撮影。
夕日がすごく綺麗だったので、これは撮っておかないとと思い撮影した一枚です。

自分は70年代〜80年代のアイドルが好きで普段から割と聞いているのですが、いつかその時代のレコードのジャケットのような雰囲気の写真が撮りたいなーと思っていました。

それがこの色合い、表情、服装、髪型。。
「撮れてしまった。。。」そんな1枚です。まだまだこのレコードジャケット撮影はしてみたいですがね!

2017年まとめ

敢えて4枚を選びましたが、今年撮影の機会を頂いた全ての方々のお陰様でこの一年楽しく活動をすることができました。
まだまだ発展途上にも関わらず、快く撮影を受けて頂いたモデル様方には本当に感謝しております。

毎回試行錯誤の撮影でしたが、なんとなく自分の好みの雰囲気や得意なシチュエーションが見えてきたように感じます。
来年は、そこをさらに伸ばしつつ、色々な撮影に対応できるように精進していきます。

今年お世話になりました皆様。本当にありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

東京寫眞日和

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です